類ごとの総括的な性質の概要

~乙種第4類危険物取扱者試験の類ごとの総括的な性質~

類ごとの総括的な性質の概要について解説しています。危険物は第1類から第6類までに類別されているが、それぞれの類は共通的かつ特徴ある性質を有しているので、その概要をまとめると次のとおりです。

~危険物の類別ごとの共通特性、消火法等の概要~

(注)消防法令で指定する危険物には標準状態で気体状のものはない。
酸化性と酸性とは違うので注意しましょう。

下記に第1類~第6類の「性質」「状態」「燃焼性」「性質の概要」をまとめていますので、覚えておきましょう。

~第1類-酸化性固体~

「性質:酸化性固体」 「状態:固体」 「燃焼性:非」
「性質の概要」
・酸素を含有する酸化性物質
・加熱、衝撃などにより分解して酸素を放出し、他の可燃物を燃焼させやすい物質。

~第2類-可燃性固体~

「性質:可燃性固体」 「状態:固体」 「燃焼性:可」
「性質の概要」
・火炎により着火しやすい物質
・比較的低温で引火しやすい物質

~第3類-(1)自然発火性物質(2)禁水性物質~

「性質:自然発火性物質-禁水性物質」 「状態:固体または液体」 「燃焼性:可」
「性質の概要」
・空気に触れることにより自然発火の危険性を有する物質
・水と接触することにより、発火又は可燃性ガスを発生する物質

~第4類-引火性液体(20℃~40℃)~

「性質:引火性液体」 「状態:液体」 「燃焼性:可」
「性質の概要」
・引火性を有する液体

~第5類-自己反応性物質~

「性質:自己反応性物質」 「状態:固体又は液体」 「燃焼性:可」
「性質の概要」
・酸素を含有し、過熱等による分解などの自己反応により、多量の発熱をし又は爆発的に反応が進行する物質

~第6類-酸化性液体~

「性質:酸化性液体」 「状態:液体」 「燃焼性:非」
「性質の概要」
・酸化性を有する液体で、混在する他の可燃物の燃焼を促進する物質


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~合格への道~

最新乙種第4類危険物取扱者
合格完全ガイド

↑ PAGE TOP