乙4 地下・屋内・移動タンク貯蔵所.給油取扱所の問題

~乙4危険物問題集~各貯蔵所や各貯蔵タンク~

ここでは、私が実際に勉強し合格へと導いた乙種第4類危険物取扱者の「地下タンク貯蔵所」、「屋内タンク貯蔵所」、「移動タンク貯蔵所」、「給油取扱所」に関する問題をまとめています。

~「地下タンク貯蔵所」に関する問題~

【問題1】
地下タンク貯蔵所の設ける地下貯蔵タンクの容量制限について、次のうち正しいものはどれか。
(1)20000リットル
(2)30000リットル
(3)50000リットル
(4)60000リットル
(5)特に制限はない
答え(5)

【問題2】
第4類の危険物の地下貯蔵タンク(圧力タンクを除く)に設ける無弁通気管について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、貯蔵する危険物は引火点40℃未満とし、通気管の先端は屋外に設けるものとする。
(1)通気管の先端は、地上4m以上の高さとすること。
(2)通気管の先端は建築物の窓、出入り口等の開口部から0.5m以上離すこと。
(3)引火点が40℃未満の危険物については、通気管の先端は敷地境界線より1.5m以上離すこと。
(4)通気管は地下貯蔵タンクの頂部に取り付けること。
(5)通気管の地下部分については、その部分に地盤面にかかる重量が直接かからないように保護すること。
答え(2)

~「屋内タンク貯蔵所」に関する問題~

【問題1】
屋内タンク貯蔵所のタンクの容量として、認められないものは次のうちどれか。
(1)非水溶性の第1石油類・・・・・8000リットル
(2)アルコール類     ・・・・・16000リットル
(3)非水溶性の第2石油類・・・・・20000リットル
(4)非水溶性の第3石油類・・・・・30000リットル
(5)動植物油類      ・・・・・100000リットル
答え(4)

~「移動タンク貯蔵所」に関する問題~

【問題1】
移動タンク貯蔵所について、次のうち誤っているものはどれか。
(1)移動貯蔵タンクから40℃未満の危険物を地下タンクなどに注入する時は、移動タンク貯蔵所の原動機を停止しなければならない。
(2)移動タンク貯蔵所の常置場所は必ず屋外でなければならない。
(3)静電気による災害が発生する恐れのある危険物を移動タンク貯蔵所にその上部から注入管によって注入する時は、当該注入管の先端を移動貯蔵タンクの底部に着けて行うこと。
(4)移動貯蔵タンクの厚さは3.2mm以上の鋼板又はこれと同等以上の機械的性質を有する材料で機密に作ること。
(5)移動貯蔵タンクは、容量を30000リットル以下とすること。
答え(2)

【問題2】
危険物を取り扱う配管の位置、構造及び設備の基準について、次のA~Eのうち正しいものはいくつあるか。
A 配管は、十分な強度を有するものとし、かつ、当該配管にかかる最大常用圧力の5.5倍以上の圧力で水圧試験を行ったとき、漏洩その他の異状が無いものでなければならない。
B 配管は、取り扱う危険物により容易に劣化する恐れがないものでなければならない。
C 配管を地下に設置する場合には、その上部の地盤面を車両等が通行しない位置としなければならない。
D 配管は、原則として火災等の熱によって容易に変形する恐れのないものでなければならない。
E 配管を屋外の地上に設置する場合は、当該配管を直射日光から保護する設備を設けなければならない。
(1)1つ  (2)2つ  (3)3つ  (4)4つ  (5)5つ
答え(2)BとD

~「給油取扱所」に関する問題~

【問題1】
給油取扱所の位置、構造及び設備に基準として、次のうち正しいものはどれか。ただし、特例基準を適用するものを除く。
(1)給油空地は、その地盤面を周囲の地盤面より低くするとともに、その表面に適当な傾斜をつけ、かつ、コンクリート等で舗装しなければならない。
(2)給油取扱所の周囲には、自動車等の出入りする側を除き、高さ1m以上の耐火構造の、又は不燃材料で造った塀、又は壁を設けなければならない。
(3)懸垂式以外の固定給油設備には、先端に弁を設けた全長3m以下の給油ホースを設けなければならない。
(4)固定給油設備に接続する容量600リットル以下の簡易タンクを設ける場合は、その取り扱う同一品質の危険物ごとに2個ずつ、6個まで設けることができる。
(5)固定給油設備のホース機器の周囲には、間口10m以上、奥行き6m以上の給油空地を保有しなければならない。
答え(5)

【問題2】
顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所における取り扱い基準について、次のうち誤っているものはどれか。
(1)顧客用固定給油設備を使用して顧客に自らガソリンを運搬容器に詰め替えさせることができる。
(2)顧客用固定給油設備を使用して顧客に自らガソリンを自動車等に詰め替えさせることができる。
(3)顧客用固定給油設備を使用して顧客に自ら軽油を移動貯蔵タンクに注入させることはできない。
(4)顧客用固定給油設備以外の固定給油設備を使用して顧客に自らガソリンを自動車等に詰め替えさせることはできない。
(5)制御卓において顧客に自らによる給油作業を監視し、並びに顧客に対し必要な指示を行わなければならない。
答え(1)


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~合格への道~

わかりやすい!
乙種第4類危険物取扱者試験

↑ PAGE TOP