指定数量とは?

~乙種第4類危険物取扱者試験の指定数量~

危険物の指定数量について解説しています。。指定数量とは、危険物規制上の基本となる数量で、危険物又は危険物のランクごとに、危険性を勘案して、政令で定められた数量である。同じ品名であっても、定められた試験により示された性状に応じて危険性にランク付けをし、そのランクごとに危険性の高い危険物には指定数量は少なく、危険性の低い危険物には指定数量を多くするという合理的な方法です。
危険物規制の概要からは7~8問出題されている傾向があります。
この指定数量は丸暗記しましょう。

~特殊引火物~

指定数量:50リットル

第一石油類

指定数量:非水溶性200リットル(ガソリン)、水溶性400リットル
非水溶性液体とは、水溶性液体以外のものであることをいう。

アルコール類

指定数量:400リットル

第二石油類

指定数量:非水溶性1000リットル(灯油)、水溶性2000リットル

第三石油類

指定数量:非水溶性2000リットル、水溶性4000リットル

第四石油類

指定数量:6000リットル

動植物油類

指定数量:10000リットル


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~合格への道~

楽しく覚える!危険物取扱者
(乙種4類)受験 通信教育講座

↑ PAGE TOP