危険物保安統括管理者とは?

~乙種第4類危険物取扱者試験~保安統括管理者~

危険物保安統括管理者とは?災害の発生防止は自主保安体制の確立にあることから、危険物保安監督者、危険物施設保安員さらに予防規程等が制度化されています。
危険物規制の概要からは7~8問出題されている傾向があります。

~意義~

災害の防止は個々の製造所等ごとに規定されているもので、同一の事業所で複数の製造所を有し、大量の危険物を貯蔵、又は取り扱っている場合は、効果的な保安の活動及び体制がとりがたい面があります。このことから保安管理を人的な面からいっそう強化するため、大量の第四類の危険物を取り扱う事業所について、事業所全般における危険物の保安に関する業務を統括管理する者、すなわち危険物保安統括管理者を定め、届け出ることが義務付けられています。また、これを解任したときも同様とされています。

~資格~

危険物保安統括管理者になるための資格は特に定められておりませんが、その責務が事業所における製造所等の保安に関する業務すべてを統括管理することから、その事業所の事業に関して統括管理する者をもって充てることとされています。

~選任を必要とする事業所~

危険物保安統括管理者の選任を必要とする事業所は次のとおりです。
「製造所」
取り扱う第四類の危険物の数量:指定数量の3000倍以上
「一般取扱所」
取り扱う第四類の危険物の数量:指定数量の3000倍以上
「移送取扱所」
取り扱う第四類の危険物の数量:指定数量以上

~業務~

危険物保安監督者、危険物施設保安員等は個々の製造所ごとに規定されているので、同一の事業所で複数の製造所等が存する場合には、効果的な保安管理の活動及び体制がとりがたいことから、危険物保安統括管理者は、事業所全体における危険物施設の保安業務を統括的に管理し、安全の確保をするものです。

~解任命令~

市町村長等は、危険物保安統括管理者が消防法あるいは消防法に基づく命令の規定に違反したとき、又はその業務を行わせることが公共の安全の維持若しくは災害の発生防止に支障を及ぼすおそれがあると認めたときは、製造所等の所有者、管理者又は占有者に対して、危険物保安統括管理者の解任を命ずることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~合格への道~

乙4類危険物試験精選問題集

↑ PAGE TOP