危険物施設保安員とは?

~乙種第4類危険物取扱者試験~危険物施設保安員~

危険物施設保安員について解説しています。一例として、製造所等の構造、設備の技術上の基準を維持するため、定期及び臨時の点検を行うことがあげられます。
危険物規制の概要からは7~8問出題されている傾向があります。

~意義~

一定の製造所等において危険物保安監督者の下で、その構造及び設備に係わる保安業務の補佐を行う者であり、その製造所等の所有者、管理者又は占有者にその選任が義務付けられています。

~資格~

選任にあたっては、特に資格についての規定は定められていませんが、その義務内容からその施設の構造、設備に精通している者を選任すべきであり、さらに、危険物取扱者免状の交付を受けている者のほうが望ましいこととなります。

~選任を必要とする製造所等~

危険物施設保安員を選任しなければならない製造所等は次のとおりです。
「製造所」、「一般取扱所」
取り扱う危険物の数量等:指定数量の倍数が100以上取り扱うもの
「移送取扱所」
取り扱う危険物の数量等:全て選任する

義務範囲

製造所等の所有者、管理者又は占有者が危険物施設保安員に行わせなければならない義務は次のとおりです。
・施設の維持のための定期点検、臨時点検の実施、記録及び保存をする。
・施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者等への連絡及び適当な措置をする。
・火災が発生したとき又は火災発生の危険が著しい場合の応急措置をする。
・計測装置、制御装置、安全装置等の機能保持のための保安管理をする。
・上記のほか、施設の保安に関し必要な義務


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP