乙種第4類危険物取扱者 危険物の性質や性状の問題

~乙4問題集~性質や性状~

ここでは、私が実際に勉強し合格へと導いた乙種第4類危険物取扱者の「危険物の性質」に関する問題をまとめています。

~「危険物の性質や性状」に関する問題~

【問題1】
アルコールの性質について、( )内のA~Cに当てはまる組み合わせはどれか。
「アルコールの性質は、一般にアルキル基の炭素数が増すと沸点や融点が(A)なる。また、炭素数が同じものでは直鎖のものより枝分かれしたアルコールの方が沸点が(B)。即ち、同じ分子式のアルコールでは、第1、第2、第3の順に沸点が(C)なる。」
    A   B    C
(1) 低く  高い  高く
(2) 高く  低い  高く
(3) 高く  高い  低く
(4) 高く  低い  低く
(5) 低く  低い  低く
答え(4)

【問題2】
次の危険物のうち、引火点が0℃以下のものはどれか。
A.二硫化炭素    B.ジエチルエーテル    C.ピリジン
D.コロジオン     E.トルエン          F.メチルアルコール
(1) A、B、C  (2) A、B、D  (3) C、E、F
(4) B、C、D  (5) B、D、F
答え(2)

【問題3】
第4類危険物の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
(1)引火して炎を上げて燃える。
(2)沸点が水より高い物がある。
(3)燃焼下限値と上限値を持つ。
(4)引火しても燃焼が継続しないものがある。
(5)引火しても燃焼が継続しないものがある。
答え(5)

【問題4】
第4類の危険物を貯蔵する屋外貯蔵タンク、屋内貯蔵タンク等には通気管が設置されている。その理由として適当なものはどれか。
(1)外気との通気をよくして、タンク内の温度上昇を防ぐため。
(2)タンク内の可燃性蒸気を排出して、燃焼範囲よりも低い濃度にするため。
(3)外気中の水蒸気を吸収して、タンク内の湿度を高くし、静電気の発生を抑えるため。
(4)タンク内の火災の際、通気管から不燃性ガスを注入し、消火するため。
(5)危険物を出し入れする際、又は日照等によるタンク内圧の圧力の変化で、タンクが損傷するのを防ぐため。
答え(5)

【問題5】
メチルエチルケトンの貯蔵又は取り扱いの注意事項として、次のうち不適当なものはどれか。
(1)換気をよくすること。
(2)貯蔵容器は、ガス抜き口栓付のものを使用する。
(3)火気を近づけないこと。
(4)日光の直射を避けること。
(5)冷所に貯蔵すること。
答え(2)

【問題6】
酢酸エチルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
(1)無色透明の液体である。
(2)果実のような芳香がある。
(3)水には少し溶け、ほとんどの有機溶剤に溶ける。
(4)酢酸とエチルアルコールとのエステルである。
(5)引火点は常温(20℃)より高い。
答え(5)

【問題7】
ギ酸メチルの性状について次のうち誤っているものはどれか。
(1)無色の液体である。
(2)ベンゼン、アセトンなどの有機溶媒に溶ける。
(3)蒸気は刺激臭があり、吸入すると、死に至ることがある。
(4)引火点は灯油より低い。
(5)-10℃で固体となる。
答え(5)

【問題8】
第4類のアルコール類に共通する性状について次のうち誤っているものはどれか。
(1)ナトリウムと反応して酸素を発生する。
(2)酸化剤により酸化される。
(3)蒸気の比重は空気より重い。
(4)いずれも沸点は水より低い。
(5)水に任意の割合で溶ける。
答え(1)

【問題9】
イソプロピルアルコールの性状について次のうち正しいものはどれか。
(1)水より軽く、蒸気は空気より重い。
(2)水に溶けるが、エチルアルコール、ジエチルエーテルには溶けない。
(3)無色無臭で粘性がある。
(4)酸化するとメチルアルコールになる。
(5)-10℃では固体である。
答え(1)

【問題10】
灯油の性状に関する説明として、次のうち正しいものはどれか。
(1)灯油は原油を蒸留した際、ガソリンに続いて出る沸点が40℃程度の炭化水素である。
(2)灯油は暖房用燃料として用いられるため、取り扱い上安全な程度まで引火しないように日本工業規格で引火点50℃以上と規定されている。
(3)灯油の蒸気は空気より軽い。
(4)灯油の蒸気圧は、ガソリンの蒸気圧より高い。
(5)水の上に薄く広がった灯油の膜は、光の干渉などにより色づいて見えることがある。
答え(5)

【問題11】
エチレングリコールの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
(1)無色の粘稠性の液体である。
(2)吸湿性がある。
(3)比重は水よりも重い。
(4)無臭である。
(5)水、エチルアルコールに溶けない。
答え(5)

【問題12】
ニトロベンゼン、ベンゼン及びアセトアルデヒドの性質の比較として、次のうち誤っているものはどれか。
(1)引火点は、アセトアルデヒドが最も低い。
(2)水と任意の割合で混じるのはベンゼンである。
(3)液体の比重は、ニトロベンゼンが最も大きい。
(4)沸点は、ニトロベンゼンが最も高い。
(5)発火点は、アセトアルデヒドが最も低い。
答え(2)


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP